ポリカーボネート加工のオールインワンソリューション

ポリカーボネート加工サービスの最高のサプライヤー

UVPLASTICは2003年からポリカーボネートの加工を手がけてきた。17年以上の経験と生産設備への継続的な投資により、当社は中国のカスタムポリカーボネート製品のリーディングサプライヤーに成長しました。今、当社はお客様ののカスタムポリカーボネートのニーズを満たす統合加工を提供しています。

ポリカーボネート板からカスタムのポリカーボネートパーツまで

事業の成長に伴い、UVPLASTICは2007年に自社工場を設立し、Sabic、Covestro / Bayer、MITSUBISHI、TEIJINの原材料を使用して高品質のポリカーボネート板を製造しています。我々は競争力のある価格と優れた納期を持っています。ポリカーボネート板の品質をコントロールすることで、世界中のお客様に高品質の特注ポリカーボネートをお届けしています。

カスタムのポリカーボネートをデザインして製造します

CAD、Solidworks、UG、CATIA、CAMを利用して、当社のエンジニアはお客様のご要望に応じてカスタマイズされたポリカーボネートを設計し、常に最高のコスト効率で適切なソリューションを提供します。今日、私たちは世界56カ国以上の600社以上のお客様と仕事をさせていただいており、その分野は建築、医療、航空機、パッケージ、自動車、観光、看板、電気、装飾など多岐にわたります。

ポリカーボネート加工のオールインワンソリューション

17年以上にわたるポリカーボネート分野での経験を活かし、最もコスト効率の高い加工ソリューションを通じたポリカーボネート加工の設計からカスタムポリカーボネートに至るまで、ポリカーボネート加工について深く理解しています。以下は、カスタムポリカーボネート製品のいくつかの加工方法です。

カスタムポリカーボネートのデザイン

CAD、Solidworks、CATIA、UGの助けを借りて、当社のエンジニアは、.stpファイルと2D図面を使ってコンピュータ上で3Dモデルを構築し、お客様が設計段階でのミスを避けることができます。

当社のエンジニアは、ポリカーボネート部品の加工に必要な予算を満たしながら、お客様の要求する形状や精度を満たす適切な加工ソリューションを見つけることができるのです。

プロトタイプの作成

UVPLASTICは、プロトタイプとサンプルの構築コストを節約するための多くの方案を提供します。 当社はプロトタイプを作成し、ポリカーボネート部品を小ロットで製造することができます。UVPLASTIC倉庫には、さまざまなポリカーボネート板アクリル板があります。 プロトタイプの段階で少しの時間とコストを費やすことができます。 プロトタイプを作成するためのいくつかの一般的な方法を次に示します。

  • 3Dプリント技術
  • 熱成形用木型の作成
  • レーザー切断
  • CNC加工

ポリカーボネートとアクリルの切断

UVPLASTICは、ポリカーボネート板とアクリル板にさまざまな切断方法を提供します。厚さは0.125mmから500mmです。一般的な切断方法としては、ソーイング、レーザー切断、CNC切断、ダイカット、エングレービング、ルーティングなどがあります。

切断範囲

アイテムメートル法イギリスのシステム
最小 厚さ0.02mm0.001 inch
最大 厚さ25mm1 inch
最大 長さ5m196 inches
最大 幅2.5m83 inches
許容範囲±0.05mm±0.002 inches

ポリカーボネート板とアクリル板のベンディング

UVPLASTICは、ポリカーボネートやアクリル樹脂の曲げ加工を高精度に行うための最適なソリューションを提供します。お客様のご要望をお聞かせいただければ、最適な曲げ方をご提案いたします。

  • コールドベンディング
  • 熱曲げ
  • V溝 ベンディング

ポリカーボネートとアクリルのコーティング

UVPLASTICは、ポリカーボネートやアクリル板の表面に、特定の機能や長寿命化を実現するためのコーティングを提供しています。

  • 強い紫外線環境下でも長期間使用できるUVコーティング
  • 防曇コーティングは、高湿度の環境下でも最適な透明度を提供します。 ヘルメットバイザーやスノーモービルのヘルメット、医療用のアイシールドやフェイスシールド、ゴーグルなどのビジュアル製品によく使われています。
  • 耐摩耗性コーティングにより、表面が硬く、硬度が最大1Hのカスタマイズされたポリカーボネートが提供されます。
  • 静電気防止コーティング。静電気感応コーティング(ESDポリカーボネート)とも呼ばれます。
  • ノングレア コーディング

エッジ

UVPLASTICは、カスタムポリカーボネートやアクリルのエッジ処理に最適な方法を提供し、より安全で美しい仕上がりを実現します。

  • ベベルエッジ
  • ブルノーズ エッジ
  • ラウンドエッジラウンドエッジ

ポリカーボネートとアクリルの印刷

UVPLASTICは、ラベルやディスプレイなどに優れた印刷技術を提供しています。以下の印刷技術があります。

  • シルクスクリーン印刷
  • デジタル印刷
  • インク印刷

射出成形

ポリカーボネート射出成形加工方法は、カスタマイズされた小型のポリカーボネートおよびアクリル部品に最適な方法です。精度が高く、形状が複雑で見た目も絶妙です。 UVPLASTICは、最終的なカスタムポリカーボネートおよびアクリル部品の射出成形金型の設計を提供できます。

ポリッシュ表面処理

UVPLASTICは優れた表面処理ソリューションを提供し、表面に人目を引く外観とより長い耐用年数を与えることができます。 例えば:

  • バフィング
  • 機械磨き
  • サンディング表面
  • 布ホイール研磨
  • ファイアポリッシュ

ポリカーボネートの熱成形

熱成形ソリューションは、ライオットシールド、透明カヤック、バブルテント、ポリカーボネートトレイ、ランプシェード、ポリカーボネートスーツケースなどのカスタマイズされたポリカーボネート部品に最適な加工方法です。

  • 真空成形
  • 圧縮成形
  • オーブンフォーミング

ポリカーボネートのCNC加工

UVPLASTICは、5軸の精密CNCマシンを持ち、オートメーション産業、半導体、医療産業、電気産業、航空機産業などの産業用途向けに、厳しい公差のポリカーボネート部品をカスタマイズして提供しています。

なぜ、UVPLASTICが選ばれているのか?


関連製品と加工サービス

関連記事

よくあるご質問

UVPLASTICは、最小公差±0.01mmで、ポリカーボネートを高精度に加工するプレミアムサービスを提供しています。

加工方法によって異なりますので、以下のリストをご覧ください。

ポリカーボネートの切断

  • 最大 長さは5mです。
  • 最大 幅は2.5mです。

曲がるポリカーボネート

  • 最大 長さは7.8mです。

CNCポリカーボネート

  • 最大 サイズは60×60cmです。

はい、UVPLASTICは、切断、熱成形、真空成形、穴あけ、研磨、曲げ、防曇コーティング、ハードコーティングなどを含むポリカーボネートフィルムの統合された加工ソリューションを提供します。

はい、UVPLASTICには20人以上のエンジニアがいます。エンジニアは、カスタムポリカーボネート分野で10年以上の経験があり、お客様のの要件に応じて設計できます。それに、最良の製造方案を提案することができます。

はい。UVPLASTICでは、検査窓、保護シールド、ポリカーボネートフランジ、ポリカーボネートトレイなど、オートメーション機器用のカスタムポリカーボネート部品を数多く製造してきました。

平らなポリカーボネート板を曲げるときに優れた公差を持つことは困難です。通常、冷曲げの公差は±0.5mmですが、当社のエンジニアはこの潜在的なリスクの解決策を見つけました。

解決策1:5軸CNC工作機械を使用して、曲げ後に重要な寸法を製造します。

解決策2:柔軟な設置寸法を設計します。たとえば、丸い穴を環状の穴に変更します。

解決策3:大きいサイズのポリカーボネート部品を曲げてから、適切なサイズにカットします。

いずれにせよ、当社のエンジニアはお客様のサイズ要件を満たす適切なソリューションを見つけることができます。

はい、サンプルコストは大口注文コストより高いです。ポリカーボネート板を試作するだけではなく、多くの材料を使うこともありますそのため、サンプルコストは大口注文コストよりも高くなります。

サンプル注文のためのアドバイスは以下の通りです:

  • まず、ポリカーボネート部品の両面に透明なPEフィルムがあり、傷がつかないようになっています。
  • 次に、サンプルの衝突を防ぐために、透明なPEフィルムと1.5mmのPEフォームの層を包みます。
  • 第三に、すべてのサンプルを一緒に梱包し、15mmの厚さの白いフォームボードを使用して、配送中の衝撃からサンプルを保護します。
  • さらに、すべてをカートンに入れ、梱包ロープを使用します。
  • 最後に、透明なPEフィルムを使用してカートンを閉じ、水や湿気を防ぎます。

一括注文の場合、数量に基づいてカスタムパッケージを選択します。

はい、UVPLASTIC カスタムアクリルを生産します。

お問い合わせ

チェックを入れないと、UVPLASTICからのメールを受信できません。

Language »