アクリル板:よくある質問と答え

アクリル樹脂は日に日に人気が高まっています。この業界のトップメーカーである当社には、アクリルに関する質問が毎日のように寄せられます。

このガイドでは、アクリル樹脂に関するよくある質問にお答えします。このガイドの目的は、読者が目的の情報を簡単に見つけられるようにすることです。それでは早速、ご紹介していきましょう。

アクリル樹脂とは何ですか?

アクリル樹脂(ポリメチルメタクリレート)は、様々な用途やガラスの代替に使用される透明で堅牢な素材です。強度、加工性、抵抗力があるため、人気があり、広く使用されています。プレキシガラス、PMMA、その他多くの名称で呼ばれています。

ポリカーボネート板と似ていますが、違います。ポリカーボネート板とアクリル板の違いを知りたいです。

アクリル樹脂はどのように製造されるのですか?

キャストと押し出しの2つの異なる方法で作成できます。キャストはより労働集約的であり、製造するのにより多くの時間を必要とします。この方法では、2枚の大型ガラスを型として使用し、原材料を板状に成形します。

一方、押出成形法は、大型機械や自動化されたプロセスへの依存度が高いです。プロセスは迅速で、最終製品の価格は鋳造法よりも低いです。

キャストと押し出しアクリル板の違いを知りたいです。

アクリルとプラスチックの違いは何ですか?

透明プラスチックには多くの選択肢があるため、アクリルとプラスチックを混同してしまう人がよくいます。多くの人は、アクリルをプラスチックの代替品と考えているかもしれませんが、それは全く正しくありません。

アクリルはプラスチック素材の一種です。つまり、すべてのプラスチックがアクリルではなく、すべてのアクリルがプラスチック素材であるということです。アクリルとポリカーボネートの違いを知りたいです。

アクリルはプラスチックよりも強いのですか?

これまで述べてきたように、アクリルはプラスチック素材です。そして、数あるプラスチックの選択肢の中でも、アクリルは圧倒的な強度を持っています。ポリカーボネートと並んで、安定性、長寿命、耐久性に優れています。

アクリルはガラス素材ですか?

アクリルは急速にガラスを駆逐し、その代替品として広く使われています。しかし、これは全くのガラス素材ではないです。アクリルはポリメチルメタクリレートのプラスチックタイプで、ガラス素材よりもはるかに強度と加工性に優れています。

これらのプラスチックは、鏡、ガラス、ドアガラス、天窓など、あらゆるガラス用途のより良い代替品として使用することができます。

アクリル板は紫外線に強いですか?

アクリル板は高い能力を持ち、耐紫外線性に関しては最良の選択の一つです。他のプラスチックやガラス素材よりも優れた光透過性能を発揮しながら、有害な紫外線を大幅にカットすることができます。

アクリル板が天窓や窓に広く使われているのはそのためです。5mmという非常に薄い板でも、紫外線を通しません。一方、ガラスや他のプラスチック素材の多くはこれができません。

アクリル樹脂の寿命はどのくらいですか?

この素材の寿命は、ガラスや他の素材に比べて格段に優れています。他の代替品に比べて、優れた強度と耐衝撃性の能力を保持しています。アクリル板は、ガラス素材に比べてほぼ15~20倍の強度を持ちながら、より長い寿命と耐久性を実現しています。

アクリル樹脂はサステイナブルですか?

アクリルは、プラスチックの中でも最も強度が高く、耐久性に優れています。ガラスや他の多くのプラスチックに比べて、アクリルは持続性と耐久性に優れています。そのため、家庭や屋外での使用に適しています。

アクリル樹脂には防水性がありますか?

完全な防水素材であり、屋内外を問わず使用できます。防水性と耐熱性を兼ね備えた素材として、天窓や窓に採用されています。

アクリル板は燃えますか?

通常はそうです。アクリルはかなりの部分で耐熱性を発揮し、燃やしても無害ですが、炎が定期的に発生する可能性のある場所での使用は避けた方が良いでしょう。花火をする業界のように、窓などにアクリル板を使うのはやめたほうがいいでしょう。 

アクリル樹脂の融点は何度ですか?

アクリルやプレキシグラスは耐熱性に優れていますが、極端な熱には耐えられません。なぜなら、これらの融点は摂氏160度です。これはプラスチック素材としては妥当だが、燃えない素材と言えるほどではないです。

厚いアクリル樹脂の切り方は?

アクリル板のカットは、やり方を知っていればそれほど難しいことではありません。当ブログを初めてご覧になる方は、このガイドをお気軽にご覧ください。

しかし、要するに厚手のアクリル板を切るには、ジグソーの方が適しているということです。もし持っていなければ、スコアリングナイフやカッターを使ってカットすることもできます。薄い板に比べて、ナイフを表面に何度も走らせる必要があります。

アクリル樹脂を接着する方法は?

アクリルの接着は、この素材を扱う上で欠かせない作業のひとつです。この素材には、溶剤系の接着剤が必要です。接着する前に、縁が均一であること、そして最高の結果を得るために研磨されていることを確認しなければなりません。

板を接着する際には、手ぶくろと針を忘れずに。接着剤を接触面に丁寧に塗布し、それに合わせて板を保持します。

大きな間違いの一つは、普通の接着剤を板に塗ってしまい、汚してしまうことです。市販の接着剤には、アクリル素材用のものがたくさんあります。それを使うのが一番良い方法です。

板から瞬間接着剤を取り除くには?

接着剤にアプローチする前に、柔らかい布で表面の斑点状の汚れが拭き取られていることを確認してください。その後、薄い刃やカミソリを使って接着剤を剥がします。接着剤が剥がれたら、中性洗剤をつけてプレキシグラスを洗います。それでもまだひずみが残っている場合は、レモンを使ってひずみのある部分に流します。

残されたものは?

毎日のように最も多い質問を取り上げました。役に立ちましたか?それとも何か足りないものがありましたか?チャットオプションでお知らせいただければ、その質問をこのガイドに追加するか、個人的に返信いたします。

UVPLASTICは、中国におけるポリカーボネートとアクリルのリーディングカンパニーです。また、UVPLASTICはポリカーボネートの加工と設計のサービスをすることができます。これらの製品に興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

Language »