温室用ポリカーボネート板

プロの方やガーデニングに興味のある方にとって、温室を持つことは夢のようなことでしょう。

農作物の管理や安全性を考えると、温室は本当にありがたい存在です。これまでは、ガラス板を使うという選択肢しかありませんでした。

しかし、今ではそのようなシナリオはありません。技術の進歩に伴い、ツインウォールポリカーボネートは商業用、非商業用、ガーデン用の温室として広く普及しています。

そして今日は、どれが自分にとって最適なのか、その理由を見ていきましょう。それでは早速、ご紹介しましょう。

ガラス板

温室といえば、真っ先にガラス板が頭に浮かびますよね。ガーデナーや農家の人たちは、最初からガラス板を使っていて、今でも、とても人気があります。

そして、他の製品と同様に、これにもメリットとデメリットがあります。そして今日の私たちの目的は、ガラス板に代わる最良の選択肢である「ポリカーボネート板」についてお話することです。

ガラス板はまだ普及しており、それなりのメリットがあります。しかし、両者を並べて比較すると、コストを抑えてより良い結果を得るためには、ツインウォールポリカーボネート板を使用した方が良いでしょう。

それでは、実際に比較してみましょう。

ポリカーボネートVSガラスの温室

ガラス板は、温室の外観をきれいに魅せることができますが、外観のために家を建てるわけではありませんよね。

私たちは、作物や植物のために最高の結果をもたらすものが必要です。そして今日は、両方の選択肢の長所と短所を見てみましょう。

ポリカーボネート板のメリット

厚さ

ポリカーボネート板は厚みがあり、太陽からの直射日光を遮ることができるので、性能アップには最適です。

耐久性

耐久性という点では、PC素材が最も優れています。ガラスと比較してみると、PC板はガラスの250倍もの強度があるというから驚きです。この頑丈な板は、長期間の使用や屋外での使用に適しています。

断熱性

ポリカーボネートは断熱性が高いため、性能面でも優れた結果を提供することができます。温室は夏は涼しく、冬は暖かく保たれます。

紫外線耐性

太陽からの有害な紫外線をカットし、植物を健康に保ち、パフォーマンスを向上させます。一般的にガラスパネルは紫外線耐性がなく、繊細な植物には有害な場合があります。

より安価な選択肢

温室にガラスを使うことを選択した場合、より質の高い温室にしようとすると高価になるかもしれません。そのような余裕がない人も多いでしょう。一方、ツインウォールポリカーボネート板であれば、最適な品質のものが安価に手に入りますし、性能や耐久性も全体的に優れています。

光拡散

ガラスに比べて光の拡散性が高いことは、ポリカーボネート板を温室に使用する大きなメリットです。

軽量で簡単に取り付けられる

板は非常に軽量で移動にも安全なため、ガラス素材よりも簡単に設置することができます。また、輸送コストも他の素材に比べて低く抑えられています。

低メンテナンスコスト

このプラスチック板は、メンテナンスコストが非常に低いです。毎年、交換する必要はありません。長寿命の板であれば安心ですし、メンテナンスのことを考えるのはたまにでいいでしょう。

もしかしたら、ポリカーボネート板のメンテナンス方法を知りたいかもしれません。

安全性

庭園に温室を設置する場合、ポリカーボネート板が最も安全な選択肢となります。板には難燃性があり、板のすぐそばでBBQをしても害や危険はありません。

ガラス板のメリット

汚れが落ちやすい

一般的に、ポリカーボネートは傷がつきにくい素材です。しかし、ポリカーボネート板はハードコート層を設けることで、傷がつきにくくなります。

クラシカルでシャープな外観

見た目の面では、ガラスの温室は他の温室に比べてシャープで魅力的です。趣味でガーデニングをされている方は、ガラス温室を利用することで、庭全体の印象が良くなります。

変色しない

また、時間が経っても色が褪せないのも、ガラス板の大きなメリットです。ガラス板を壊さずに長く使い続けることができれば、同じ色をずっと楽しむことができます。

どれが自分に合っているのか?

それぞれの特徴がわかったところで、次は自分のプロジェクトに合った素材を選びましょう。どうやって決めますか?あなたは、ガラスの代わりにプラスチックが使えると思いますか?

以下のような4つの事実を考慮することが望ましいです。

コスト

一般的に、ポリカーボネート製の温室はガラス製よりもコストが低いと言われています。製品コストから輸送、設置に至るまで、PC樹脂を選択するだけで大幅なコスト削減が可能になります。

メンテナンス

ポリカーボネート屋根板のように、ポリカーボネート製の温室では、メンテナンスに手間をかける必要がありません。一方、ガラス製の温室はメンテナンスに手間がかかります。

それができないと思われる場合は、ポリカーボネートが最適なオプションです。

性能

最も重要なのは、植物の全体的なパフォーマンスです。それはさておき、あなたの温室には、植物の成長と健康維持のために、より高い能力が必要ですよね?

幸いなことに、ポリカーボネート温室は、ガラス温室に比べてかなりのプラス効果が期待できます。

見た目

ガラスはシャープな印象を与え、プラスチック温室よりも魅力的に見えます。温室の見た目に特にこだわりのある方は、ガラスがいいかもしれませんね。

耐久性

耐久性という点では、ポリカーボネートが圧倒的に優れています。これらを使えば、毎年板を交換する必要もありません。1枚のポリカーボネートの寿命は、一般的に10年または15年までと言われています。これを見れば、この素材の耐久性が容易に想像できるでしょう。

エンドノート

それがわかったところで、いよいよ選択する時が来ました。あなたのプロジェクトにはどちらが適していますか?

温室用ポリカーボネート板の購入をお考えの方へ。お気軽にUVPLASTICまでお問い合わせください。喜んでお手伝いさせていただきます。

「温室用ポリカーボネート板」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

Language »