屋根にポリカーボネート板を選ぶ理由

屋根に関しては、さまざまな選択肢を用意しています。 自分にとって何がベストなのか、考えたことがありますか? 価値ある、耐久性のある、リーズナブルな価格のソリューション? そのような場合、ポリカーボネート屋根材が最適です。この記事では、最高の屋根を選ぶための完全ガイドを提供します。

まず、従来の選択肢をすべて見てみましょう。

  • 金属製の屋根材。広く使われている屋根材で、基本的に金属片でできています。人々は、他の人がよく使っているのを見て、この材料を使用する傾向があります。現在、状況は変化しており、より耐久性があり、費用対効果が高く、軽量なオプションが求められており、金属屋根はこれらの要件に適合していないのです。
  • 瓦屋根。屋根のタイルとして使用される小さなスレートは、屋根材の人気商品の一つです。しかし、これにはいくつかの大きな欠点があります。高価であること、設置が難しいこと、重いことなどが、代替品を探す理由です。
  • ガラス屋根。ガラス屋根は、自然光を透過させることができるため、広く受け入れられていました。しかし、すぐに私たちは、ガラスは屋根材として最適な選択肢ではないことに気づきました。ガラスを乗せてしまうと、設置やメンテナンスが頭痛の種になります。また、安全性や耐久性を考えると、屋根が勝手に壊れるのは困りますよね?

したがって、すべての中で最高のものを選ぶことができますが、ポリカーボネートは屋根に最適なものになります。色、価格帯、層、サイズなど、さまざまなバリエーションがあります。要望に合わせて、屋根を作り、カスタマイズすることができます。

もっと深く掘り下げてみよう…。

ポリカーボネートシートとは?

ポリカーボネートシートは、今やあらゆるところで使われているため、気づかないうちに毎日使っていることになります。携帯電話、自動車部品、医療機器、メガネ、航空機、DVDなど、あらゆるものに使われています。

ポリカーボネートは、非常に強く、透明で、軽量の熱可塑性ポリマーです。化学構造中に炭酸基が含まれているため、加工や成型、熱成形がしやすいという特徴があります。

ポリカーボネート屋根の種類

屋根材としてとして使用できるポリカーボネートは5種類以上あり、詳細は以下をご覧ください。

ソリッド ポリカーボネート板

ソリッド ポリカーボネート板材は汎用プラスチックシートであるため、屋根材として使用できますが、付属品が必要となります。

プラギングソリッドポリカーボネート

ポリカーボネートシートと似ていますが、システムとして提供されるので、アクセサリーを購入する必要はありません。そのため、お客様にとってより使いやすいものとなっています。

中空ポリカーボネートシート

すべての 中空ポリカーボネートは、屋根用シートとして使用することができます。 ソリッドポリカーボネートと同様に、多くの付属品が必要です。 一般的に、中空ポリカーボネートシートには、以下のようなものがあります。

中空ポリカーボネートシートのプラグ構造

ソリッド ポリカーボネートの差し込みと同様に、生産された中空ポリカーボネートシートの プラグ構造 もあります。また、プロジェクトに適した厚みを選ぶことができます。

プラグ構造の中空ポリカーボネートシートについてはこちらをご覧ください。

ポリカ波板

そう、最もポピュラーな屋根材で、産業界の作業場や農園の屋根に使われて、金属屋根材に匹敵します。

ポリカーボネート屋根の用途

  • 温室とサンルーム
  • 学校
  • 病院
  • パティオのカバー
  • バスや電車の上屋;
  • 産業用建物;

屋根に適したサイズ

シートが適切に収まるように、屋根の正しいサイズを測定してください。フルシートを注文して、設置しながらカットすることもできますし、弊社に正しいサイズのシートを注文することもできます。適切なサイズをお作りします。

最も簡単な屋根の施工

瓦や金属、ガラスの屋根材に比べ、施工は簡単です。軽量なので、誰にでも扱いやすいからです。誰でも動かせるため、基本的に自分で設置することが可能です。

ポリカーボネートの取り付け方

作業を始める前に、必要な工具やアクセサリー、そして最も重要な安全装置と手袋をすべて用意しておく必要があります。

雨で屋根に水が溜まり、雨漏りや光を遮ることがないよう、5~10度以上の落差を保つことをお勧めします。

どちらの面が上側で紫外線を遮っているかを確認し、それに合わせて設置してください。

弊社では、お客様に合ったサイズのシートをご用意しておりますが、お客様ご自身で簡単にカットすることも可能です。歯付の丸ノコを使って、ご要望に合わせてカットしてください。

ただし、シートの上をむやみに歩くと、表面に傷がつくことがありますので、ご注意ください。

今、誰でも簡単に屋根板を取り付けることができるようになりましたが、プロに依頼すれば必ずやってもらえてください。

なぜガラスではなくポリカーボネート屋根材を選ぶべきなのか?

ポリカーボネート屋根材は、ガラス屋根材が壊れやすく、耐性が低く、非常に重いのに対し、どんな条件にも耐えられるという理由で日々人気を集めています。

屋根材にガラスを使用することは、わずかな条件でも破損し、大けがを引き起こす可能性があるため、大きなリスクを伴います。一方、pcシートは割ろうとしても現実的に不可能です。

この屋根材は超硬質でかなり壊れにくいのですが、必要に応じて簡単にカットしたり、サイズを変更したりすることができます。

ガラス屋根を使ったことがある人なら、ガラス屋根の欠点とコストの高さをすべて知っているはずです。今すぐポリカーボネート屋根で、あなたは偉大な程度にガラス屋根のすべての利点を得るが、欠点が排除されています。

ガラス屋根を使ったことがある人なら、ガラス屋根のデメリットやコストの重さはすべて知っているはずです。 ポリカーボネート屋根材は、ガラス屋根材のメリットを最大限に生かしつつ、デメリットを排除しています。

ポリカーボネート板は270~290度までの熱を簡単に受けることができるので、熱のことを考える必要はありません。

ポリカーボネート板はガラス板に比べ、基本的に破損しないため、メンテナンスコストはほとんどかかりません。

また、ガラス屋根のように紫外線を遮ることができないため、自然光を取り入れることができます。

その優れた耐久性と利便性から、現在ではUAE、オーストラリア、アメリカ、ブラジルなど世界各国で使用され、普及が進んでいます。

自然光と耐久性のどちらかを選ばなければならない時代は終わったと実感し、使い始める人が増えています。

ポリカーボネートシートの加工についてはこちらをご覧ください。

ポリカーボネート屋根材は、その両方を兼ね備えた優れた材料なのです。

Greenhouse roofing

アクリル VS ポリカーボネート

アクリル板ガラスの代わりになる熱可塑性プラスチックの一種です。よくポリカーボネートとアクリルをごっちゃにしている人がいます。アクリル板とポリカーボネート板はどう違うのでしょうか?

見てみましょう。

アクリルはポリカーボネートと比べると、光沢があり、傷がつきにくいのが特徴です。しかし、強度面ではポリカーボネートにに及ばないのが大きな欠点です。アクリルはポリカーボネートよりも早く割れることがあります。

耐久性を求めるなら、ポリカーボネートがおすすめです。アクリルは、強度の面でポリカーボネートに大きく遅れをとっています。

ポリカーボネート板は、ガソリンや化学物質、炎にさえも耐えることができます。炎があるような場所では、アクリルは避けたほうがいいでしょう。

ポリカーボネートはアクリルよりも衝撃に強く、シートを欠けたり割ったりせずにアクリルに穴を開けるのは困難です。

いずれも設置や清掃、研磨が容易な製品です。

ポリカーボネート板はアクリルに比べて30%~35%高いコストがかかるが、アクリルよりも200倍の耐性を持つ。その結果、原価が追加されます。

ポリカーボネートとアクリルの板は、メーカーによって構造が異なりますので、下記のリストをご覧ください。

ポリカーボネート構造アクリル構造
平たいポリカーボネート板透明アクリル板
多層ポリカーボネートアクリルチューブ
ポリカーボネートフィルムアクリルロッド
波型ポリカーボネートアクリルフィルム
ポリカーボネートファサードアクリルブロック
ポリカーボネート屋根板

ポリカーボネートとアクリルの違いについては、こちらをご覧ください。

温室用ポリカーボネート屋根材

ポリカーボネート屋根は、温室用として使用する場合、ガラス屋根よりも明らかに有利です。

長寿命で耐熱性に優れ、過酷な条件にも耐えられるため、温室を設置する際に人気が高まっています。4mm厚のツインウォールポリカーボネートは庭園用温室に、6mm厚または8mm厚のツインウォールポリカーボネートシートは業務用温室に適しています。

ガラス屋根材に比べ、断熱性に優れています。熱効率が高いため、より良い結果が得られ、植物の成長期が長くなり、寿命が延びます。

極端な寒さや暑さなどの過酷な条件にも耐えることができる。サウジアラビア、アラブ首長国連邦、オーストラリア、米国では、段ボール屋根の温室が人気を集めています。

ポリカーボネート屋根材のメリット・デメリット

非常に軽量で耐久性に優れた熱可塑性素材で、様々な用途の屋根材として広く普及しています。耐久性、長寿命、極端な暑さと寒さの条件に耐える能力は、それがすべてに魅力的になります。

しかし、家全体に使いたいとは思わないかもしれません。 工業用倉庫、デッキ、物置、プールカバー、カーポート、パティオなど、さまざまなものに非常に適しています。

材料は非常に耐久性があり、かなり壊れにくいです。長期間にわたって新しい屋根材を設置することを考える必要はありません。

極端な気象条件、炎、さらには様々なガソリンや化学薬品にも耐えることができます。

他の屋根材に比べ、軽量なため、施工や移動が非常に簡単です。そのため、設置にかかる時間が短くなります。

耐紫外線性に優れているため、サンルームや温室にも適しています。

これらのシートは、紫外線を遮断し、太陽の熱を70%も逃がさないように設計されています。

メリットは数え切れないほどありますが、欠点もあります。これらのシートは完全に傷の抵抗でない、設置やカットの際には特に注意が必要です。

波型シートと多層シートの選択

どちらも同じような性質を持っていますが、その断熱レベルは互いに異なります。多層シートは、波型シートと比較して、層数が増えるだけで高い断熱性を発揮します。

一方、波型シートは、層数が少ないほどコストが下がるため、多層シートよりも安価になります。

どの程度の断熱性が必要で、どの程度のコストでどのようなシートを購入するかはお客様次第です。

ポリカーボネート板の洗浄方法

不適切な洗浄を行うと、シートに大きなダメージを与える可能性があります。しかし、適切なクリーニングを行えば、このような事態は簡単に回避することができます。

アンモニアはシートに非常に有害です。あなたはそれらの中にアンモニアを持っているクリーナーの任意の種類を避ける必要があります。

アンモニアはシートにとって非常に有害です。 アンモニアが含まれている洗浄剤は避けなければなりません。
シートを拭くときは、手や乾いた布は使わないでください。 その代わり、湿らせた柔らかいタオルを使ってください。 ポリカーボネート屋根材のメンテナンス方法について知りたい方もいらっしゃるでしょう。

お客様に最適な選択肢を提供したいと考えています。 ポリカーボネートルーフィングシートは、他の屋根材が持つ優れた特徴のほとんどすべてを備えています。 ご不明な点、迷われている方は、こちら側からの説明や見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

Language »