ポリカーボネート屋根板のメンテナンス

ポリカーボネート屋根板をお使いの方、これからお使いになろうとしている方、このサイトをご覧になってください。今日は、ポリカーボネート屋根板を長くお使いいただくためのメンテナンス方法をご紹介します。

先に進む前に、なぜポリカーボネート屋根板を選ぶ必要があるのかを知る必要があります。そして、正しい素材を選んでいるかどうかを確認してください。屋根材としてのポリカーボネート板には、3つのタイプがあります。

仕様や素材に迷ったら、UVPLASTICにお気軽にご相談ください。ここでは、ポリカーボネートVsアクリルの違いを知る必要があるのかもしれません。それでは、本題に入りましょう。

板の取り付け:まず、正しい方法で板を設置する必要があります。そのためには、適切な安全装置を用意する必要があります。屋根の上で作業をしていれば、怪我をする可能性はいくらでもあります。怪我をしないように気をつけてください。

取り付けを始める前に、事前にプロセス全体を計画しておく必要があります。そうすることで、ポリカーボネート屋根板を支えるための構造を確保できるだけでなく、作業が格段に楽になります。

ポリカーボネート屋根板を設置するためには、多くの道具は必要ありません。ハンマー、ドリル、そして板をカットする必要がある場合は丸ノコが必要です。切るのが苦手な方は、業者からサイズに合わせてカットされたポリカーボネート板を取り寄せることもできます。

さて、いよいよ板を敷きます。ここが最も重要な部分です。少しでも隙間ができないように。なるべく均等に板を敷いていきます。

その後、ハンマーやドリルを使って板を構造体にはめ込みます。板をはめ込んだ後は、パネルについたほこりや破片を取り除く仕上げ作業を行います。

クリーニング:PC板は非常に硬い素材ですが、傷がつきやすいのが難点です。もし、あなたの屋根に埃や木の葉が多く付着しがちなら、それらを頻繁に取り除く必要があります。定期的に掃除をしないと、屋根の表面に傷が残ってしまいます。(ハードコートポリカーボネートについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。)

ほこりや落ち葉があるたびに板を洗う必要はありませんが、洗うときにはいくつかのガイドラインに沿ってポリカーボネート板を洗う必要があります。

多くの人は、板を洗うときに、より多くの害をもたらします。どのように?

洗っているうちに傷がついてしまう。正しい布とクリーナーを使って洗ってください。板の洗浄には、マイクロファイバークロス、温水、マイルドな石鹸の使用をお勧めします。刺激の強い化学薬品や硬い服を使わなくても、十分な効果が得られます。

これらを使う前に、まずガーデンホースでホコリや葉っぱを洗い流します。その後、柔らかい布を中性洗剤を混ぜたぬるま湯に浸します。柔らかい圧力とスピードで表面をこすり、ひずみを取り除く必要があります。

その後、再びガーデンホースで板を洗い、水気を拭き取ります。あるいは、板を乾燥させることもできますが、その場合は水滴が残ってしまいます。目立たせたくない場合は、拭き取った方が良いでしょう。

板を交換する

ポリカーボネート板は、他の代替品に比べて非常に長い寿命を持っています。ポリカーボネート板は、10年から12年の間、ひび割れすることなく使用することができます。しかし、しばしば板を交換したり、新しいものに取り替えたりする必要が出てきます。

しかし、これらの板は1回限りの使用ではないことを覚えておいてください。また、使用済みの板を何年も別のプロジェクトで使用することもできます。

そのため、構造体から板を取り外す際には、傷をつけたり、ひずみを残したりしないように取り外す必要があります。特にドリルを外すときは、ドライバーを使ってきちんと外しましょう。

取り外した板は、取り外した後に清掃し、後で使用する際には適切に保管してください。そして、別の屋根に使用するときは、同じ指示に従って板を取り付けてください。

過酷な気象条件でのメンテナンス

気象条件の厳しい地域でポリカーボネート屋根板を使用しているのであれば、その方向性は間違っていません。過酷な気象条件や地震にも耐えられると確信しているからです。

ただし、地震やサイクロンが発生した後は、板の点検をすることをお勧めします。汚れやほこりを洗い流すことも必要かもしれません。

温室のメンテナンス

温室は、単なる屋根板に比べてメンテナンスや清掃が必要です。板の両面と、壁やサイドパネルもすべて掃除する必要があるので、他の用途よりも手間がかかるかもしれません。温室の屋根が埃っぽくなったり、葉っぱが増えたりすると、温室の光の透過率が著しく低下します。より良い結果を得るためには、温室の定期的なメンテナンスが必要になります。

最後

さて、屋根板のお手入れ方法がわかったところで、いよいよ作業に取り掛かりましょう。もし、あなたの屋根にポリカーボネート屋根板が設置したいなら 、プロに依頼せずに自分でやってみましょう。

そして、これから購入しようと思っている方。ポリカーボネート屋根板は、どんな屋根にも最適な選択肢のひとつであることを確信してください。また、メンテナンスも他の選択肢に比べてシンプルで簡単です。

ポリカーボネート板を大量に必要とされる方は、お気軽にご相談ください。

UVPLASTICについて

UVPLASTICは、中国におけるポリカーボネートのリーディングカンパニーです。現在、UVPLASTICはポリカーボネートの加工と設計サービスをすることができます。これらの製品に興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

「ポリカーボネート屋根板のメンテナンス」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

Language »