ポリカーボネート屋根板の用途

ポリカーボネートは、堅牢な熱可塑性素材です。軽量で、過酷な天候にも耐えることができます。このため、様々な用途で屋根板として使用されています。

今日は、ポリカーボネート屋根板の用途についてご紹介します。用途を知る前に、なぜポリカーボネートが屋根に適するなのかを知っておきましょう 。

ポリカーボネート屋根板が選ばれるのか?

ポリカーボネート屋根板は軽量で、簡単に固定することができるため、屋根工事に使用することができます。また、極端な低温や高温にも対応しています。

これらの理由で、ポリカーボネート屋根板は屋根業界で広く普及しています。

この板は、ガラスよりも簡単に切ることができます。というのも、ポリカーボネートの切断には特別なノコギリを必要としないからです。一般的なノコギリを使えばいいのです。

ポリカーボネート板のカットに失敗しても、問題なく調整・修正することができます。何よりも素晴らしいのは、これを自分でできることです。専門家を雇う必要はありません。

曲面のある透明な屋根板が必要な場合、ポリカーボネート板に代わるものはありません。この素材は柔軟性があり、曲げても割れないので、プールカバーやパーゴラなどの曲面屋根にも使用できます。

ポリカーボネートはガラスのような透明感があり、用途に応じて調整することができます。色の透明度や形状は、何年経っても破損することなく維持されます。そのため、ポリカーボネート板はバブルハットに適した素材といえます。

ポリカーボネート屋根板が優れている理由がわかったところで、次はその用途について詳しくご紹介しましょう。

ポリカーボネート屋根板の用途

透明性、柔軟性、耐久性に優れた素材なので、あらゆる屋根に使用することができます。ガラスよりも軽量で強度があり、簡単に切断できるため、屋根材としては最適な選択肢の一つです。ここでは、ポリカーボネート屋根板の用途をいくつかご紹介します。

工業用屋根材

ポリカーボネート樹脂は、非常に弾力性のある熱可塑性素材です。耐熱性、耐衝撃性に優れており、産業用として使用してもダメージを受けません。また、耐熱性、加熱性、耐衝撃性に優れ、極端な低温や高温にも耐えることができます。

現代の化学業界では、このような製品が多く使われています。また、ポリカーボネート板は優れた光学特性を持っています。極端な熱にさらされても溶けません。ポリカーボネート板は、工業用倉庫でも使用されています。ポリカーボネート板は、エンジニアリングプラスチックと汎用プラスチックの中間に位置します。

家庭での用途

ポリカーボネート屋根板は、住宅の屋根材として最も優れた選択肢のひとつです。透明と非透明、両方のオプションを選ぶことができます。極端に天候に左右されやすい地域にお住まいの方には、最適な選択肢となるかもしれません。

他にも、庭の屋根や子供のための室内プレイハウスなど、様々な用途で必要とされる場合、PC屋根板は最高の結果をもたらしてくれます。

プールカバー

夏になると、誰もが開放的な空の下でプールを楽しみたいと思いますよね。しかし、空の下のプールは、ほこりや虫などで汚れてしまうことが多いのです。水に飛び込む前に、水に浮かんでいる虫や汚れの塊を見たいと思う人はいないでしょう?毎日水を交換することになるかもしれません。

ポリカーボネート製の屋根は、外からの汚染物質を避け、クリアな視界を楽しむことができます。雨の日でも、プールから雨を視覚的に楽しむことができ、邪魔になることもありません。

プールの水は何週間も新鮮でクリアな状態を保ち、あなたは空を思う存分楽しむことができるのです。空の景色は見たくない?

心配しないで、透明ではないポリカーボネート屋根板を選ぶことができます。

パーゴラ

パーゴラとは、伝統的に木製の天蓋で覆われた屋外の居場所のことで、日差しや雨などの悪天候から部分的に保護してくれます。

完全に保護されたパーゴラを作ろうとすると、ガラスやポリカーボネートに代わるものはありません。なぜなら、パーゴラが映えるためには、青空の眺めも必要だからです。

ガラスはポリカーボネートの2倍の重さがあり、調整も複雑です。そのため、パーゴラにポリカーボネート屋根板を使用するのが最適です。

居住目的であれば、軽量で透明感があり、自然の中で堅牢な素材を選ぶのが理想的でしょう。

温室の屋根

ポリカーボネート板は、温室の屋根に最適な屋根材です。なぜなら、紫外線をカットする一方で、太陽光の光と暖かさを取り入れることができるからです。ポリカーボネート屋根板は、光の透過率が90%まで可能で、寒い国の植物に適しています。アクリル板に似ています。

ポリカーボネートの屋根は、ガラスよりも優れた保温性を持っています。中空ポリカ板は、開いた部屋の中で熱を遮断する、さらに優れた保温性を持っています。

スタジアムの屋根材

ワールドカップ2018のホストスタジアムのひとつであるニジニ・ノヴゴロド・スタジアムにポリカーボネート製の屋根が採用されたことを知ったら、きっと驚くことでしょう。ポリカーボネート製の屋根は、観客を熱から守り、光を透過させて省エネを図るために、ギャラリーの上にあるスタジアムに使用されています。また、ファサード材としても使用することができます。

ポリカーボネート製の屋根材を使用するメリットとデメリット

太陽の紫外線を遮断するポリカーボネート板は、必要に応じて透明と不透明の両方にすることができます。悪天候や雹の嵐にもダメージを受けることなく対応できます。弾丸にも耐えられるほどの強度があります。

ポリカーボネートは、手頃な価格で、温室に最適な素材です。熱を内部に閉じ込め、熱損失を防ぎます。軽量なので、作業がしやすいのも特徴です。この素材は柔軟性があり、曲面にも使用できます。

また、ガラスのように定期的な清掃が必要ないので、年に1~2回の清掃で大丈夫なのも嬉しいポイントです。難燃性なので、庭などでバーベキューをする場所でも使用できます。

この素材はひび割れはしませんが、傷を受け止めやすいことを覚えておく必要があります。例えば、ポリカーボネート板の上に木の枝や重いものが落ちてきたとしても、割れはしませんが、表面に傷はつきます。

ポリカーボネート屋根のもうひとつのデメリットは、このプラスチックが夏の熱に触れると膨張することです。ポリカーボネイトの最大膨張量は3mmとなっています。

そのため、ポリカーボネートとホルダーの間には、最低でも3mmの距離が確保されています。

最後

ポリカーボネート板は、実質的に壊れにくいです。軽量で、長寿命があり、優れた価格であるため、屋根板として適切な材料です。UVPLASTICは、中国におけるポリカーボネート板のトップメーカーであり、加工サービスを行うこともできます。

ポリカーボネート屋根板のサプライヤーをお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

Language »