アクリル/プレキシガラスvsガラス(究極のガイド)

ガラス素材を扱っている場合や、ガラス素材の購入を計画している場合は、常に頭に浮かぶ考えがあります。

そしてそれは 従来のガラスを買うべきか?それともアクリル?

両方の素材を使いこなしている人なら、どちらがいいかはもうわかっていると思いますが、そうでない人は、今日はラッキーですね。

なぜでしょう?この記事では、ガラスとアクリルについてのすべてを知ることができ、次のプロジェクトのためにどちらを買うべきかを知ることができます。

これは正確にはXとYの比較ではなく、この記事の目的は、両方を詳細にお知らせすることです。

より自信を持って選択することができます。

その前に…。

この2つの素材の定義について触れたいと思います。

すでにご存知の方も多いと思いますが、世の中にはまだ知らない人がたくさんいます。そこで、まずは基本的なことを知っておきましょう。

アクリルVSガラス

ガラスとは何ですか?

ガラスは信頼性の高い透明な非結晶材料で、通常は溶融した形で急冷して作られます。

 一般的なガラスは、シリカと砂を主成分としています。

さて、ここからが本番です。

アクリルとは何ですか?

アクリル板は、ポリマーとカーボンでできた透明で強固なプラスチック素材です。プレキシガラスという名称でも呼ばれています。

プレキシガラスは、見た目がガラスに大きく似ています。最も透明で衝撃に強いプラスチック素材のひとつだが、アクリル板はポリカーボネート板よりも強度が弱いです。

ガラスとプレキシガラスの違い:

両製品の概要をご理解いただいた上で、それぞれの違いを詳しくご紹介します。

アクリル板 vs ガラス
Acrylic vs Glass

アクリルとガラスの違い

要素ガラスアクリル
飛散防止性なしあり
材料強度
安全性なしあり
耐候性なしあり
グレア高い低い
重量重い軽い
メンテナンス難しい易い
切断、穴あけ、曲げいいえはい
耐用年数短い 長い
透過性良い良い
価格安いガラスより高い
小径 大径
チューブ小径 大径
リサイクルやすい難しい

ガラスは非常に薄くすることはできませんが、アクリルはアクリルフィルム(0.075mmの厚さ)として製造することができます。ガラス棒はアクリル棒よりも高価です。同様に、ガラス管はアクリル管よりも高価です。

先ほども言いましたが、これはX対Yの記事ではありません。ここでは、ポリカーボネートとアクリルの違いを知りたいのかもしれません。

その代わりに、購入する際に理解しやすいように、その良し悪しを説明します。

それでは早速、ご紹介しましょう。

安全性

アクリル板は、地球上で最も強く、最も衝撃に強いプラスチック素材のひとつです。

重い衝撃を受けても、割れずに立つことができます。これにより、アクリルは従来のガラス素材に代わる信頼性の高い超安全な素材となっています。

その一方で、ガラスは普通のガラス製のものですから、外からのちょっとした衝撃でも粉々になってしまいます。

重量

アクリルはガラスよりも軽いので、DIYにも適しています。

また、小さなヒットのたびにこれが壊れないとわかっていると、作業がしやすくなります。

透明性

透過性に関しては、どの製品も間違いありません。どちらも優れた透明感を実現しています。

メンテナンス

メンテナンスに関しては、従来のグラスは非常に頭を悩ませることがあります。

汚れがたまりやすくなり、洗濯や掃除がしにくくなります。

一方で、プレキシガラスはその性質上、汚れをほとんど寄せ付けず、他のものよりもきれいな状態を保つことができます。

また、清掃やメンテナンスも容易です。

耐候性

嵐や強風が時々発生する地域に住んでいる場合は、天窓、屋根、窓、または鏡用のガラスの購入を再検討することをお勧めします。

なぜか?強い風が吹けば、グラスは粉々になってしまいます。

先に述べたように、このケースではプレキシガラスを使用することを強くお勧めします。プレキシガラスは市場で最も頑丈なプラスチック素材であり、災害時に粉々になることはありません。

反射

ガラスの表面は、より多くを反射する傾向があります。アクアリウムメーカーが従来のガラスよりもプレキシガラスを好む理由はここにあります。

また、温室や農業プロジェクトを構築している場合は、ポリカーボネート板を検討する必要があります。

切断、穴あけ、曲げ

お客様はすでに答えを知っていますと思いますが、アクリル板の加工についてもっと知ってください。

リサイクル

ガラス素材は安価でリサイクルしやすいです。

両者の寿命を考えた場合、アクリル板の平均寿命は8~10年となります。そして、ガラスは?わからないですよね。

創造性

アクリルには柔軟性があるので、切ったり曲げたり、さらには穴を開けたりして、自分だけの製品を作ることができます。従来のガラスにはできないです。

価格

アクリルに比べて、ガラス素材は安価です。

しかし、壊れやすく用途が限られているため、人々はより多くの費用をかけてプレキシガラスを選ぶ傾向にあります。

まとめ:

ご覧いただいたように、予算が少なく、一回限りのプロジェクトであれば、ガラス素材を使うことができます

しかし、より長く使える飛散防止の頑丈な素材を探しているなら、プレキシガラスが必要です。

特に、天候が荒れることがある地域では、ガラスを避けてアクリル板を使用した方がいいでしょう。

これらの情報は、次のプロジェクトに最適な素材を決める際の参考になると思います。

まだ質問がありますか?お気軽にお問い合わせください。

もしかしたら、ガラスやプレキシガラスの購入を検討しているかもしれません。プレキシガラスであれば、アクリル板のトップメーカーであるUVACRYLICを選択することができ、アクリル板をカスタムメイドで加工することもできます。また、UVPLASTICは、中国におけるポリカーボネートやアクリル板のトップメーカーです。

「アクリル/プレキシガラスvsガラス」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

Language »