ポリカーボネートとアクリルの見分け方法

ポリカーボネート板アクリル板は、プラスチックの中でも代表的なものです。この2つは肉眼ではほとんど同じように見え、見分けがつきにくいかもしれません。しかし、両者は全く異なるものであり、使用目的に応じて賢く選択する必要があります。

1つは、ポリカーボネートを作る際に青み剤を使用すること。そのため、表面上はどちらも透明なのですが、ポリカーボネートの端の部分が青く見え、アクリルは透明に見えます。自然光の下で確認すると、より鮮明に見えるのでお勧めです。どちらのプラスチックにも長所と短所があります。アクリルは硬く、光沢があり、安価で傷がつきにくいのに対し、ポリカーボネートは柔軟でほとんど割れないです。一方、アクリルは衝撃で割れやすく、ポリカーボネートは傷がつきやすいです。

そのため、購入する前には、何のためにそのプラスチックが必要なのかをよく考える必要があります。また、価格もそれぞれ違うので、予算も考えておくといいでしょう。この記事が、あなたが自分に合ったものを選ぶための参考になれば幸いです。それでは、ポリカーボネートとアクリルの違いについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

強さ

重要なのは、どちらのプラスチックもガラスに比べて堅牢であるということです。しかし、ポリカーボネート板はガラスの250倍の耐衝撃性を持ち、アクリルはガラス板の10倍の耐衝撃性を持っています(アクリルとガラスの違いを知ってください)。ポリカーボネートの強さは警察の暴徒鎮圧用の盾にも使われているほどだ。アクリルは剛性が高いため、衝撃を受けると簡単に割れてしまいます。一方、ポリカーボネートは非常に柔軟性があります。

可視性

透明度の点では、光をより多く取り入れることができるアクリルが最も優れています。アクリルの光線透過率は92%、ポリカーボネートの光線透過率は88%です。どちらもグレージングに適しています。ポリカーボネートは、アクリルに比べて強度が高いため、バスシェルターのグレージングに多く使われています。また、二次グレージングにも使用されています。透明度を回復するために、アクリルを磨くことができますが、ポリカーボネートは磨くことができません。アクリルは磨くと光沢が出ます。

作業温度

アクリルは、華氏-30度から華氏190度までの温度に耐えられます。温度の変化に応じて膨張・収縮します。しかし、時間の経過による永久的な収縮はありません。一方、ポリカーボネートは、華氏240度までの温度に耐えることができます。また、ガソリンや酸などの化学物質に対しても高い耐性を持っています。

カットしやすい

どちらのプラスチックも、ノコギリやルーターなどの一般的な工具で切断することができます。しかし、アクリルはポリカーボネートに比べてより自然に切ることができます。ポリカーボネートは、ノコギリやルーターで切断する際の最初の押し付けに抵抗があります。

ポリカーボネート板のカット方法を知りたい。

アクリル板のカットアクリルの加工方法を知りたい。

ドリルしやすい

アクリルは縁の近くに穴を開けたり、プラスチック用ではないドリルを使うと破裂することが多いです。標準のドリルで縁近くに穴を開けても、ポリカーボネートは破れません。

曲げ

アクリルを曲げるには、まず熱を加える必要がありますが、ポリカーボネートは冷たいまま、あるいは熱を加えずに曲げることができます(柔軟性があるからです)。

アクリル板の曲げ方を知りたい。

価格

アクリルはポリカーボネートよりも安価です。したがって、ポリカーボネートは一般的にアクリルよりも35%高くなるため、より多くの費用をかける必要があります。

耐久性

どちらのプラスチックも耐候性があり、温度変化によって伸縮します。しかし、永久に収縮することはありません。

どちらも傷がつくので、研磨剤入りの結合剤で触らないようにする必要があります。アクリルは傷がつきにくく、時間が経っても黄ばむことはありません。アクリルはポリカーボネートに比べて耐衝撃性が低いため、欠けやすくなるので注意が必要です。

燃えやすさについては、ポリカーボネートは燃えにくく、アクリルはゆっくりと燃えます。そのため、直火には近づけないようにする必要があります。

接着

アクリルは、ポリカーボネートに比べて接着部分がきれいに仕上がります。ただし、接着剤はアクリルやポリカーボネート用のものを使用してください。ポリカーボネートの接着方法を知りたい。

お手入れが簡単

ポリカーボネートもアクリルも、お手入れはとても簡単です。お手入れの際は、綿100%の布やマイクロファイバーを使用してください。アクリルには温かい石けん水かアクリル用クリーナーを使用してください。化学薬品は一切使用しないでください。ただし、ポリカーボネートは耐薬品性に優れていますので、アンモニアなどの化学物質を含む刺激の強い洗剤を使用することができます。どちらのプラスチックも、洗浄には溶剤を使わないようにしてください。

さらに

ポリカーボネートはアクリルとは全く異なり、それぞれに利点があり、用途も異なります。UVPLASTICはポリカーボネート板のリーディングカンパニーであり、それに、ポリカーボネートの加工サービスもしています。

「ポリカーボネートとアクリルの見分け方法」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

Language »