ポリカーボネートとアクリルの加工方法の違い

加工とは、ワークピースから要素を取り除くことで、材料を目的の形状に成形するプロセスです。ドリル、フライス、ソーイング、ターニング、熱成形など、様々な加工方法があり、要求に応じて使用されます。

加工は、製造業のさまざまな分野で広く行われています。加工というと、金属製のものしか扱えないと思われがちですが、実はそうではありません。

でも、どうでしょう?金属と同じように、さまざまなプラスチック素材も加工することができるのです。

今日の記事では、加工に適した2つのプラスチック素材、アクリル樹脂とポリカーボネート樹脂についてご紹介します。

それでは早速、見てみましょう。

ポリカーボネートは加工できますか?

ポリカーボネート板は簡単に加工することができます。並外れた強靭さと高い耐衝撃性を備えているため、加工に最適な素材と言えます。

この素材にはフライス加工が最も適している。ただし、加工をスムーズに行うためには、切削工具が十分に鋭利でなければならないです。

例外的に、工程の最後に過剰な熱でポリカーボネートが溶けることがあります。そのほか、ポリカーボネートは加工性に優れているので、カスタムパーツの加工にも適しています。

ポリカーボネートの加工に関連する写真

アクリル板を加工することはできますか?

はい、アクリル板は加工できますが、一般的には押し出しアクリルよりもキャストアクリルの方が加工に適しています。押し出しアクリルは剛性が低く、加工時に割れてしまう可能性があります。キャストアクリルは簡単には割れず、より良い加工性を提供します。

加工用にアクリルを選ぶ前に、いくつかの事実をはっきりさせておく必要があります。アクリルはあまり熱に強くないので、表面の仕上げが悪くなったり、材料が溶けたりといった残念なことにならないように、切削工具は非常に効果的で十分な切れ味を持っていなければなりません。

アクリル 加工では、滑らかな仕上げを維持するのが難しい場合があります。ここでは、メーカーがアクリルを加工する際に考慮すべき最も重要なポイントを紹介します。

  • アクリルを切断するための専用ビットを使用すると、スムーズに切断することができます。
  • ビットのサイズは、小さいものより大きいものの方が仕事がしやすいです。アクリルの切断には0.25インチが適しているようです。
  • アクリルを固く固定して、作りすぎたり、揺れたりして、切り口が不揃いになったり、荒れたりしないようにします。
  • アクリルは低温で溶けるため、切削速度を上げると摩擦が発生して発熱するので、切削速度は一定にしてください。
  • アクリルはできるだけ冷やしておいてください。必要であれば、加工前に冷凍庫に入れておく。

ポリカーボネート加工VSアクリル 加工

ポリカーボネートは、アクリルに比べて加工しやすいのが特徴です。アクリルはガラスの代替品として使われていますが、低温で溶けることがあるので、作業の際には注意が必要です。しかし、どちらも工業用として使用されています。

アクリルはポリカーボネートよりも透明度が高く、ガラスの代替品として使用されています。ポリカーボネートを使用した場合、日光に当たると膨張する可能性があります。一般的には3mm程度の膨張が予想されます。

使いやすさ

どちらの素材も加工性に優れています。しかし、アクリルに比べてポリカーボネートの方が加工性に優れています。しかし、用途にも気を配る必要があります。ポリカーボネートは製造が容易ですが、どこにでも適用できるわけではありません。

ポリカーボネートは、丈夫で剛性が高く、耐久性があり、熱にも強いので、加工に適した素材です。一方、アクリルも加工可能な素材ですが、加工する際には特定のルールを守る必要があります。

スクラッチ&クラック

アクリルは、加工中に割れてしまうことはあっても、傷がつくことはまずありません。一方、ポリカーボネートは全く逆です。すぐに傷がついてしまいますが、簡単には壊れません。

用途

アクリル素材は、自動車や航空宇宙産業で多用されており、車のLEDライトや透明な部品のグレージングとしても使用されています。耐候性に優れた特徴があるため、建築業務ではより多く使用されています。

ポリカーボネートは、これが強くて丈夫なので、アクリル素材よりも広く産業界で使用されています。ポリカーボネートは、自動車、技術、電子機器、農業、建設資材、ニッチアプリケーション、医療アプリケーション、電話会社、航空機、宇宙船、軍事産業などの産業に役立っています。

コスト

1つのツールで、アクリルとポリカーボネートの両方の素材を加工することができます。コストは主に、パーツに選ぶプラスチックによって異なります。

どちらの場合も、市場には複数のグレードのプラスチックがあります。しかし一般的には、ポリカーボネートはアクリルよりも大体35〜40%ほど高いです。つまり、同じ条件であれば、アクリルの加工の方が安いのです。

一方で、サプライヤーが適切なアクリルの切削方法を使えない場合、より多くの無駄が発生する可能性があります。この場合、アクリル加工のコストは高くなります。

アクリル 加工とポリカーボネート加工の違いは何ですか?

素材を選ぶことはそれほど難しいことではありません。デザインや用途に応じて最適な素材を選んでください。

とはいえ、初めて注文する場合は、不安があるかもしれません。あまり心配しないでください。

一番良いのは、注文する前にメーカーと相談することです。その際、デザインや要望を明確に伝えるようにしてください。一般的に、より透明で軽量なパーツをお求めの場合は、アクリルが良いでしょう。一方、強度や耐衝撃性を必要とする大型部品には、ポリカーボネートが適しています。

UVPLASTICがお客様の加工プロジェクトにどのように貢献できるか?

UVPLASTICは、中国におけるポリカーボネートのトップメーカーです。子会社であるUVACRYLICは、中国におけるアクリル板のトップメーカーです。アクリル 加工とポリカーボネートの加工の両方を専用の設備で行っています。

お客様がどのような素材を継続して加工したいとお考えであっても、私たちはお手伝いいたします。今すぐ無料見積もりをご依頼いただき、気兼ねなくご相談ください。

最後さて、この2つの素材の加工についての知識を得たところで、よりよい判断をしてみましょう。あなたの用途にはどちらのプラスチックが適していますか?

それでもわからない場合は、メッセージをいただければ、必要な質問や情報を提供いたします。

Language »