プラスチックへの印刷について

プラスチックへの印刷は、メンブレンスイッチ、ディスプレイスクリーン、カスタムラベル、バックライト、ポリカーボネートバスウィンドウなどのプラスチック部品にカスタムグラフィックのオーバーレイを得るために必要なプロセスです。最も一般的な印刷方法は、シルクスクリーン印刷、デジタル印刷などです。しかし、どれが製品に適していますか?また、印刷サービスを提供する業者はどのように選べばいいのでしょうか?今日は、それについて、ご説明しましょう。

プラスチックへの印刷とは?

プラスチックへの印刷は、ポリカーボネート板やフィルム、PET、PVC、PETGなどのプラスチックにカスタムグラフィックのオーバーレイを得るための方法です。グラフィック面を印刷したプラスチックは、製品の内部電子機器の上に置かれることになります。主な機能は次のとおりです。

  • 重要な部品を環境や磨耗から保護する
  • オペレーターに必要な情報を提供する
  • 電気絶縁性

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷は最も一般的な印刷方法の一つで、販促用バッグ、カスタムボトル、プラスチック製ディスプレイスクリーン、ポリカーボネート素材のATVフロントガラスなど、製品にさまざまなオーバーレイを印刷するために使用されています。

シルクスクリーン印刷は100年以上の歴史があり、当初はTシャツやバッグ、木材にカスタムグラフィックのオーバーレイを印刷するために使用されていました。今日では、技術の発展により、ほとんどのプラスチックに適しており、平らな表面と曲面に印刷することができます。

シルクスクリーン印刷に適する素材

  • ポリカーボネート
  • PVC
  • アクリル
  • ABS
  • ポリエステル
  • PET とPETG

スクリーン印刷装置

プラスチックに優れたグラフィックオーバーレイを開発するためには、以下のシルクスクリーン印刷機が必要です。

  • 水性インク、吐出インク、従来のプラスチゾルインクなど、さまざまな色のインク
  • スキージ含む手動または自動のシルクスクリーン機
  • カスタムスクリーン
  • インクを高速に硬化させるためにフラッシュキュアユニットが必要
  • コンベアドライヤーは、届いたときから材料の長く、完璧な状態を保つ

シルクスクリーン印刷の主なメリット

  • 同じオーバーレイにグロスとマットの両方のテクスチャーを使用できる
  • 産業機器のオーバーレイやOEM製品の識別に適している
  • 簡単な操作、迅速な納品
  • ラベルの縁がなく、見栄えが良い
  • 平面だけでなく曲面や球面にも印刷することが可能
  • クリエイティブへの制約がなく、フルカスタマイズが可能
  • 印刷されたプラスチック製品は、しわになったり、はがれたり、色あせたり、破れたり、汚れたりすることがない
  • インクは、蒸気に強く、防水性に優れている
  • コストパフォーマンスに優れ、大量に印刷する部品でも簡単にリサイクルできる
  • 小さなものだけでなく、大きなものへの印刷にも対応できる

ポリカーボネートへのシルクスクリーン印刷

ポリカーボネート(PC)は、割れにくく、飛散しにくい透明な素材です。この優れた耐久性により、グラフィックだけでなく、多くの産業で良い選択となります。UVPLASTICは、透明なポリカーボネート板やポリカーボネートフィルムへの印刷サービスを提供しています。ポリカーボネートへの大判プリントは、小売、オートメーション、店舗などの業種でも人気があります。ポリカーボネート板にカスタムグラフィックパネルやサインを施したものを目にすることができます。ポリカーボネートほど酷使に耐える透明な基材はありません。 特別な保護をしなくても傷がつくことはありますが、割れることはありません。 このため、メンブレンスイッチのオーバーレイや工業用ラベルは、ポリカーボネートから作られることが多いです。その他、以下の製品では、カスタムグラフィックを施したポリカーボネートシートを使用されています。

  • 電子部品
  • マシンガード
  • POPディスプレイ、グラフィックホルダー
  • 屋内外の看板
  • 防弾ガラス
  • メガネレンズ

デジタル印刷

デジタル印刷とは、電子ファイル(PDF、AI、TIFF、PSDなどの形式)を介して印刷する最新の方法で、コンピュータで作成したアートワークをプラスチック素材に直接印刷するものです。 フィルムや色校正の作成、手作業によるピースの剥離、版の作成など、多くの設備や作業工程を省き、スクリーン印刷など従来の方法に代わる方法です。

デジタル印刷のメリット

  • コストパフォーマンスが高い。デジタル印刷は、付帯設備が不要なため、小型のプラスチック部品だけではなく、プロトタイプの印刷にも適している
  • デジタル印刷は、バットレジストレーションを使用するため、ブリードやトラップはない
  • 適時性。 印刷工程が少ないため、短納期での納品が可能
  • 高い品質。 デジタル印刷は、他の印刷方式に比べ、優れた品質と一貫性を提供する。色も鮮明に映し出され、線もくっきり
  • カスタマイズ。デジタル印刷は、市場にあるすべてのプラスチック素材に対して、最も手頃な価格のソリューションを提供する

ポリカーボネートへの印刷

ポリカーボネート(PC)シートは、ほとんど割れず、飛散しにくい透明なプラスチック素材です。 UVPLASTICは、ポリカーボネートのサプライヤーとして信頼されています。 お客様の図面に合わせてスクリーン印刷やカッティングを行います。 ポリカーボネートは、耐久性に優れ、長期間使用できるため、印刷物や店舗用ディスプレイとして適しています。

なぜポリカーボネートに印刷するのか?

1960年にレキサン社がポリカーボネートを開発しました。その後、ポリカーボネートに印刷が行われましたが、成功したのはスクリーン印刷だけでした。 印刷技術の発達により、ポリカーボネートにはデジタル印刷など他の印刷方法が使えるようになりました。 どのような印刷方式であっても、強度や耐久性、インクのなじみやすさから、ポリカーボネートは最も適したプラスチックといえます。 PETGやプレキシガラスに比べ、ポリカーボネートは最もコストパフォーマンスの高い素材です。

まとめ

ここまでプラスチック印刷の詳細について知っていただいたと思います。 しかし、これらの印刷はほとんど一人で行うことはできません。印刷サービスのサプライヤーをお探しなら、UVPLASTICは信頼できるサプライヤーです。プラスチック印刷なら、いつでも気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

チェックを入れないと、UVPLASTICからのメールを受信できません。
Language »