最高のESD/帯電防止アクリル板

1.5mmから30mmまでの厚さで、サイズに合わせてカットすることができ…

帯電防止/ESDアクリル板のトップサプライヤー

帯電防止アクリルまたはESDアクリル板は、静電散逸性アクリル/プレキシガラス板の略称で、表面抵抗は10 ^ 6〜10 ^ 8オームです。静電気の発生や表面への粒子の引力を防ぎ、静電気を減らして静電に敏感なデバイスを保護したり(ESD)、可燃性の液体やガスを封じ込めたりするように設計されています。

高品質のアクリル板で、永久性・半永久性耐静電気コーティングを施し、湿度の影響を受けない透明な色をしています。それに、耐化学性と表面硬度に優れています。静電気防止アクリルは尘のない実験室、机械静電気制御カバー、机器ボックス、半導体設備、医療設備に適した材料です。

UVACRYLICは、アクリル板の一流メーカーであり、中国のESDコーティングサービスのプロバイダです。アクリル板は、LuciteMitsubishiの会社から購入した高質な原料で作られています。したがって、製品の品質は高く、安定しています。今、当社は40カ国から600以上のお客様に優れたESDのアクリル板を製造しています。

帯電防止/ESDアクリルの規格

ESDアクリル板の標準的なサイズ

商品名品番厚さメートル法インチサイズ
押し出しアクリルによる帯電防止/ ESDアクリルUVAC-ESD-E0.8mm, 1mm, 2mm, 3mm, 5mm, 6mm, 8mm, 10mm, 15mm, 20mm1200x2400mm3.94x8ft
キャストアクリルによる帯電防止/ ESDアクリルUVAC-ESD-C1.5mm, 2mm, 3mm, 4mm, 5mm, 8mm,
10mm, 15mm, 20mm, 25mm
1220x2460mm, 1220×2440mm4×8.07ft, 4x8ft

注意点

  • サイズに合わせたカットが可能です。
  • 加工サービスをご利用いただけます。

ESDアクリル板の色の範囲

カラー説明
透明色クリア、クリアオレンジ(UV202)、クリアブルー(UV301)、クリアブラウン(UV584)
半透明ローズレッド(UV100)、ミディアムイエロー(UV235)
不透明ブラック(UV502)

電気抵抗の特性

電気抵抗の特性試験方法単位数値
表面抵抗ASTM D257-14Ohms10 ^ 6から10 ^ 8
摩擦抵抗Volt<100

物理的特性

物性単位数値
密度(透明アクリル)g/cm^31.19
抗張力Mpa>70
シャルピー衝撃強度KJ/m^2>13
弾性の張力係数Mpa>3000
破断時の引張ひずみ%>4
曲げ強度Mpa100 to 115
ビカット軟化温度°C>105
加熱時の寸法変化(収縮)%<2.5
総発光透過率%>90
ロックウェル硬度 100 to 115
線膨張係数K^ -17×10^-5
荷重下のたわみ温度°C95 to 100
光透過率%>90

ESD/静電防止アクリルの加工

15年以上のアクリル加工の経験を持つUVPLASTICは、カスタムアクリルの統合加工を論理的に解決します。 現在、当社はアクリル製品のトップOEM工場として成長しています。

アクリルの一般的な加工方法としては、切断、研磨、曲げ、接着、コーティング、CNC加工、印刷、ドレープ成形、射出成形、ブロー成形などがあります。

これらの一般的な加工方法から、当社のエンジニアはあらゆるアクリル製品に適した加工方法を常に見つけることができます。

主な応用

  • クリーン実験室の窓とドア
  • 覗き窓と静電気防止シールド
  • プリント基板
  • 楽器ケース
  • 電子機器用ハウジング

100%環境に優しいPMMA素材

REACHテストレポート

  • SGS欧州化学機関(ECHA)が発行した高懸念物質(SVHC)の候補リストに含まれる物質です。
  • WTO通知で特定された高懸念物質(SVHC)

RoHS テストレポート

  • RoHS指令(EU)2015/863修正指令2011/65 / EU付属書IIによるものです。

よくあるご質問

UVACRYLICは、帯電防止アクリルのリーディングサプライヤーであり、弊社の加工サービスは世界中のお客様にご利用いただけます。 当社では、お客様のご要望に応じて、帯電防止アクリルを様々なサイズや形状にカットすることも可能です。

当社では、LEDや蛍光灯などの光の拡散に優れた光透過性と耐紫外線性を発揮するアクリル板に、いくつかの試薬を添加してアクリル拡散板としています。 壊れにくく、カットしやすいアクリル製ディフューザーは、まぶしさを抑え、正確な明るさを提供し、視覚的な快適さを向上させます。

帯電防止加工が施されていて、同じ重さで標準的なサイズです。

しかし、これらは異なる素材であり、「ESDアクリル板」はアクリル板の表面にESD層をコーティングしたもので、「ESDポリカーボネート板」はポリカーボネート板の表面にESD層をコーティングしたものです。

ESDポリカーボネート板は、ESDアクリル板よりも耐衝撃性に優れていますが、ESDアクリル板は表面硬度に優れています。

帯電防止プレキシガラスと帯電防止アクリルとはおなじもので、別の名前を持っていますだけです。

帯電防止アクリル板を自分で曲げることはお勧めしません。どうしても曲げる必要がある場合は、事前にご連絡いただければ曲げることができます。

お問い合わせ

チェックを入れないと、UVPLASTICからのメールを受信できません。
Language »