プラスチックがガラスに代わる理由

私たちは長い間、何世紀にもわたってガラスを使ってきました。しかし、近年、そのパラダイムシフトが顕著になってきました。それは、ガラスの代わりにプラスチック素材を使うケースが増えたことです。

皆さんは、窓や鏡に貼るプラスチック板とガラスのどちらを買うか迷った経験があるのではないでしょうか。私もあります。

通常のプラスチック板であるアクリル板ポリカーボネート板は、機能に応じてさまざまな種類のものが製造されています。そのため、以下のことを知っておく必要があります。

これらのプラスチック板は、ほとんどの地域でガラスの代わりに使用されていますが、ガラスとアクリル板の違いを知ってください。

そして、その決断は簡単ではありません。知識が豊富の人にとっては簡単ですが、知らない人は相当な時間をかけて考えなければなりません。皆さんの中にも同じような経験をされた方がたくさんいらっしゃると思います。このガイドは、お客様が次の買い物で自信を持てるようにします。

それでは早速、ご紹介しましょう。

家庭用

私たちの家には、ガラスでできた窓やドア、鏡がありましたよね。しかし、時代は変わりました。今では、先に挙げた製品のほとんどがプラスチック製になっています。

なぜ人々は家の中でガラスではなくプラスチックを選ぶのでしょうか?

その答えはとても簡単です。長持ちして、家族にとって安全なものがいいです。毎年、家の窓やドアを交換したいと思う人はいないでしょう。誰もいませんよね?長持ちして、子どもたちにとって安全なものがいいのです。

プラスチックの登場です。プラスチック素材は、ガラスに比べて格段に寿命が長いです。1つのプラスチック素材で何年も使えるので、毎年買い替える心配はありません。

もうひとつの理由は、家にとってより安全な選択肢を常に求めていることです。特に子供がいる家庭では、ボールが当たると壊れてしまうような窓は嫌ですよね。何しろ、子供に怪我をさせてしまう可能性があるからです。今でも毎年かなりの数の子供たちが割れたガラス片で怪我をしています。

透明アクリル板はガラスのように透明ですが、重量は半分です。

窓やミラーの比較について詳しく知りたい方は、ぜひリンク先の記事をご覧ください。

公共の場

プラスチックが普及したとき、最初に広く使われたのは公共の場でした。デジタルサイネージや店頭のショーケース、ファッションビルの鏡など、すべてプラスチックでできています。

なぜですか?

わずかな衝撃で粉々になってしまうガラス素材を設置することで、資産や公衆の健康を危険にさらすことになるからです。

そして、公共の場では、それは常に起こっています。ガラスは他の理由では良いかもしれませんが、強い衝撃や軽い衝撃には耐えられないものです。割れてしまうと、100万個の破片になってしまい、余計な手間や頭痛の種になってしまうのです。

工業用の場合

工場や商業施設では、ガラス素材を使うことはできません。製造業の工場では、天窓や窓にプラスチックが使われています。

その理由ははっきりしています。プラスチック素材は、ガラスに比べて光の透過率や耐紫外線性に優れているため、産業用として最適なのです。

また、企業はガラス素材でリスクを取ることを好みません。多くの人が同時に作業をしているので、ガラスが割れると大きな怪我をしてしまうからです。

この問題には、プラスチック素材の寿命の長さとコストパフォーマンスの高さも関係しています。プラスチックの中には、ガラスよりも高価なものもありますが、寿命が長いため、この点でもガラスに勝っています。

DIY

DIYで使うことを考えると、ガラスはプラスチックにはかないません。プラスチックをDIYで使うことのメリットや可能性は無限大です。

まず、プラスチックは強度に優れていることが挙げられます。そのため、安全性が高く、簡単に壊れたり割れたりしないので、DIY好きにはたまらない素材です。アクリル板はガラスの15倍以上、ポリカーボネート板は200倍以上の強度があります。窓を取り付けたり、鏡を切ったりするなら何を使うか、自問自答してみてください。アクリル板のカット方法を知っておいてください。

軽くて持ち運びが楽なのも、プラスチックの大きなメリットです。プラスチック板を移動させるために、2人の人間を雇う必要はありません。その上、プラスチック板は、切ったり、磨いたり、形を作ったりするのに適しています。アクリル板の成形方法を知っておいてください。

農業用

プラスチックは、農業プロジェクトにおいて最も優れた選択肢の一つです。特に温室では。農家は、適切な暖かさと温度を提供するために温室を使用します。ポリカーボネートプラスチックは、この点において農家の第一の選択肢です。

農家は毎年、あるいは年に2回、ハウスを建て替える余裕はないです。何年も使えるものが必要なのです。そのためには、ポリカーボネート板が最適です。このプラスチックはガラスの250倍の強度があり、どんな気象条件や災害にも耐えられます。

お手入れが簡単で、紫外線に強く、強度が高く、光の透過性に優れていることから、世界中の温室で採用されています。

今からは君の時間です

私が考えるガラスからプラスチック素材への置き換えの主な理由をお読みいただきました。では、それに対するあなたの考えを聞かせてください。あなたは、どちらの素材が最適だと思いますか?

さらに良いことに、次の使用時にどちらを選ぶかを教えてください。私たちは、あなたの考えを聞くのが大好きです。当社に連絡して、考えを教えてください。

現在、商業施設の窓やドアのガラスをすべて交換することを検討されている方や、大量のプラスチック素材を購入したい方は、当社に直接ご注文いただけます。UVPLASTICは、中国のポリカーボネートのトップメーカーであり、 加工ポリカーボネートサービスもすることができます。

「プラスチックがガラスに代わる理由」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

Language »