ポリカーボネートVSアクリル:初心者のためのガイド

このガイドでは、この2つの製品を正面から比較して、どちらが自分のニーズにぴったりかを判断していただきたいと思います。

ポリカーボネート板アクリル板は、どちらもその用途の広さと柔軟性から非常に人気があります。これらのプラスチックの最も大きな利点の一つは、信じられないほど高い強度と、軽い重量を提供することです。

アクリル板はガラスの17〜20倍の強度があり、ポリカーボネート板はガラスの250倍近い強度を持っています。安全性や強度を重視する場合には、ガラスに代わる優れた選択肢となります。

それでは、ポリカーボネートとアクリルの大きな違いをご紹介しましょう。

ポリカーボネートVSアクリル:主な違い

コストや価格の違い

アクリル樹脂はポリカーボネート樹脂よりも安価です。平均してポリカーボネートプラスチックは、アクリルに比べて10%~20%のコストがかかります。

強度

ポリカーボネート樹脂はソリッドな素材です。プラスチック素材の中でも最も頑丈な素材のひとつです。防弾窓や暴徒鎮圧用の盾など、要求度の高い用途には最適です。

一方、アクリル板はガラスの17〜20倍近い強度があり、他のものと比べると、割れやすくなっています。

透明性

より高い透明性を求めるのであれば、アクリル板が良いでしょう。

どちらもガラスや他の材料と比較して非常に優れた透明性を提供しますが、アクリルはこれで明らかに勝者です。あらゆる展示ケースや家庭用水族館に最適です。

耐薬品性

ポリカーボネートが耐薬品性に優れているのは当然のことです。形成方法が異なるだけで、衝撃性の高い化学物質に対してもかなりの耐性があります。

一方、アクリルは化学品に非常に弱いです。そのため、これらのプラスチックのクリーニングには細心の注意を払う必要があります。

耐熱性

ポリカーボネートは、非常に熱に強いプラスチック素材です。これは、より安全に使用するために非常に役立ちます。一方、アクリルは熱を加えてプレスすることで、さまざまな形を作ることができます。

光透過率

アクリルの勝利です。アクリル樹脂は光透過率に優れています。

表面硬度

アクリルは、ポリカーボネート板に比べて表面の硬度が高いです。

構造

アクリルは平たい板として製造されていますが、ポリカーボネート板は、中空構造、ソリッド構造、構造など、さまざまな構造に製造することができます。

両製品での作業の違い

製品の基本的な違いがわかったところで、実際に作業をしながらその違いを確認してみましょう。

DIYに適している

自分で作品を作るのが好きな人にとっては、アクリルが唯一の選択肢です。 初心者であっても、あなたはアクリルを通してあなたの道を進むことができます。

切ったり、接着したり、曲げたりするのも簡単です。もしあなたがDIY好きで、手芸を作りたいと思っているなら、より多くの情報やガイドを得るために私たちのブログを気軽に訪れてください。

カラー

ポリカーボネート素材は、かなりの数の標準色が用意されています。もっとカラフルにしたい、自分で個性的なカラーを使いたいという方にはアクリルがお勧めです。

クリーニング

先に述べたように、アクリルのクリーニングはポリカーボネートよりも注意が必要です。というのも、洗浄時には刺激の強い化学薬品やアンモニアを含むスプレーなどは使えないからです。

一方、ポリカーボネートは、化学物質の含有量が多い洗浄機やクリーナーにも耐えることができます。

板の切断

プロセスはどちらも似ています。ただし、ポリカーボネートはアクリルよりも強度が高く、より強い力が必要となるため、カットするのが難しくなります。

ドリリング

アクリル樹脂に穴をあけるときは、縁の近くに穴をあけてはいけません。また、プラスチックの切断に特化したドリルビットを使用するようにしてください。

一方、ポリカーボネートに穴を開けている間は、これらを注意する必要はありません。ご存知のように、この強力なプラスチックは、ほとんどすべてのものに耐えることができます。 

用途の違い

ポリカーボネート板

最も重要な種類の素材を必要とするとき、ポリカーボネートを使用したいと思います。バックボード、バスケットボールのバックボード、ライオットシールドバブルテント、スタジアムの屋根、プラスチック製のチェアマット防弾窓、カヤック、地震多発地帯の窓など、より高い衝撃に耐えられる丈夫な素材が必要な状況で使用されます。

アクリル樹脂

プラスチックを使ってものを作ったり、カスタマイズしたりするときに必要なのがアクリルです。光を通す力が強く、透明度が高いので、窓や鏡に好んで使う人が多いですね。特に天窓には、アクリルがよく使われるのです。

Lexan vs アクリル

レキサン(Lexan)は何かの素材の名前ではなく、単にポリカーボネート樹脂のブランド名です。1960年に米ゼネラル・エレクトリック社が普及に努めたことで有名になった名前です。

プレキシグラスも同じように、アクリルのブランド名です。製品ではなく、ブランド名として非常によく呼ばれるものです。

今度はあなたの番です。

さて、そろそろ皆さんのご意見を伺いたいと思います。この2つの製品についてどう思われますか?

また、何かご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。今すぐチャットボックスでお気軽にお問い合わせください。

私たちのガイドに対する皆様のご意見やご感想をお聞かせください。このガイドをご友人や同僚の方と共有していただくことをお願いします。

UVPLASTICについて

UVPLASTICは、中国でのポリカーボネートのメーカーで、加工ポリカーボネートのサービスをすることもできます。ポリカーボネートやアクリル板をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

Language »